DV(家庭内暴力)について

DVとは

IMG_9925(橘里香)

家庭内暴力(DV、ドメスティックバイオレンス)とは一般的に、家族内で行われる、夫や妻に対する暴力・虐待をさします。

身体的暴行や性的な暴力のほか、暴言やつきまとい行為など精神的にストレスを与えることも含まれます。また、結婚前、恋愛関係にあるカップル間でも同様の行為があれば家庭内暴力として認識されます。

家族内暴力は、「家庭内」という閉鎖的な人間関係の中で行われるため、外部からは極めてわかりづらく、また、家庭の事情であるとして他人が関与しづらいこともあり、犯罪として発覚することは極めて少なくなっています。

家庭内暴力の種類

家庭内暴力としてあてはまるものとして、以下のものが挙げられます。

被害を受けている方は、身体的虐待を受けている場合には認識しやすいものの、精神的虐待を受けている場合は外からはもちろんのこと、ひいては被害者自身でさえ気がつかない場合が多々あります。

身体的虐待

一方的な暴力行為を指し、例えば、熱湯・水をかける・部屋に閉じ込める・突き飛ばす・殴る・蹴る・押さえつける・タバコの火を押し付ける・唾を吐きかけるなどがあてはまります。

 精神的虐待

相手の精神的なストレスとなる行為を繰り返し行うことを指します。行動を監視する、子どもや身内を殺すなどと脅す、日常的に罵る、無視する、ペットを虐待して見せるなどがあげられます。また、狂言自殺など(「別れるなら死ぬ」と言う)も含まれます。相手方を精神的に支配し、自己に従わせようとする行為です。

 性的虐待

相手の気持ちを無視して、一方的に行う性的な侵害行為のことを指します。性交の強要や避妊をさせないなどがあげられます。

 経済的暴力

家のお金を無断で持ち出し、お酒やギャンブル、異性に生活費をつぎ込む、生活費を渡さない、などがあげられます。モラルハラスメントとも関係しますが、経済的に困窮させることで、相手を自分に従わせようとしたり、支配的関係性を構築しようとしたりするケースも見受けられます。また、経済的に自立できないようにするため、及び、外部との接触を断たせて孤立させるために、相手に仕事を辞めさせるケースもあります。

社会的隔離

社会から隔離しようとする行為のことを指します。電話やメールの発信者や内容を執拗に把握したがる、実家や友人から隔離する、外出を禁止するなどがあげられます。


自分自身が家庭内暴力を受けていることには気づきにくいかもしれません。

しかし、このページの内容と類似した内容の行為を受けていらっしゃる場合は家庭内暴力の可能性があります。

まずはご相談にいらしてください。

DV被害者の心理

DV被害を受けている多くの方の中には、暴力を振るわれている最中は恐怖を感じているものの、「今の彼(彼女)は、本来の彼(彼女)ではない」「自分が怒らせたのが悪い」などと誤った認識をもっている方がいます。このような考えをもってしまうのは、暴力を振るったあとに優しくされたり、相手方から日常的に「あなたのような人間を受け入れられるのは自分だけだ」など、劣等感を植え付けられ、自己評価が極めて低く歪められてしまっているからです。

また、繰り返される暴力から、無力感に囚われ、暴力から解放されるのを諦めてしまう方も多いと言えます。相手からの言動等によって自己評価が極めて低くなることで、「相手から離れては生活していけないのではないか」「自分が外部と接触すると相手の機嫌を損ねてしまうのではないか」などと考え、外に出て行くことの対して恐怖や不安を抱く方もいらっしゃいます。

恐怖や不安から「私が耐えればいい」「どうやっても無理だ」という心理に陥り、結果として、悪循環に陥ってしまうのです。

まずは、自分だけで判断せず、第三者の意見を聞くことが大切です。

一人で解決できないこともあります。まず弁護士にご相談ください。

弁護士法人 新潟第一法律事務所について

PAGE TOP