解決事例

40代女性|夫の退職金につき財産分与を受けることに成功した事例

40代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、当事務所に離婚のご依頼をいただいたとき、数年にわたって夫と家庭内別居の状態にあり、夫婦の家計も全く別の状態でした。 夫はあと数年で定年退職であり、相応の退職金が支払われることが見込まれました。そこで、夫に対し退職金について財産分与を請求しました。 しかし、夫がこれを一切拒否したため、は離婚調停を申し立てました。 最終的には、離婚時に退職し
続きを読む >>

40代男性|妻の財産について適切な財産分与を受けた事例

40代の男性がご依頼者様の事例です。 この方の妻は、離婚するに際し、預金、有価証券などの財産を隠そうとしていることが判明しました。 そこで、当事務所の弁護士が妻の財産につき裁判所に対して仮差押命令の申立てをしました。 その後、離婚調停でも話し合いが折り合わなかったため、裁判となりましたが、最終的には、相応の財産分与を受ける内容の和解離婚が成立しました。
続きを読む >>

40代男性|妻の不貞を理由に協議離婚し、親権を獲得した事例

40代の男性がご依頼者様の事例です。 この方の妻は、1年以上にわたり他の男性とホテルで不貞行為を行っていることが、携帯電話に残されていた写真等から判明しました。 そこで離婚調停を申し立てましたが、調停では折り合わず、裁判となりました。 裁判では、妻の不貞行為が証拠上明らかであるとされ、妻が不貞行為を行ったことを前提として、解決金を支払う内容で和解離婚が成立しました。 また、子ども2人の
続きを読む >>

30代男性|慰謝料として妻から300万円を請求されていたが、これを支払わないことで合意した事例

30代の男性がご依頼者様の事例です。 ご依頼者様は妻から離婚を求められていました。 妻は、離婚の原因は、夫婦仲が悪化した原因が妻にあると妻を責め立てるような内容のメールや、夫婦に幸せな未来はないというような内容のメールを送ったことにあると主張し、慰謝料300万円を請求しました。 このような高額な慰謝料を支払うことはできないと反論しましたが、交渉では折り合いがつきませんでした。 その後、
続きを読む >>

40代男性|実は婚姻前からうつ状態にあった妻と離婚した事例

40代の男性がご依頼者様の事例です。 この方は、妻がうつ病を患っていることを、結婚した後に打ち明けられました。その後、妻の病状が感情のコントロールができなくなるほどになったため、別居をすることとなりました。 もうやり直すことはできないという点では意見が一致していましたが、妻の気持ちの整理がなかなかつかないばかりか、妻から慰謝料や将来の生活費として多額の支払いを要求されるに至りました。 そ
続きを読む >>

60代女性|熟年離婚後、年金分割に協力してもらえなかった事例

60代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、夫と協議の末に離婚しました。 しかしその後、元夫が年金分割の手続きに協力してくれないことから、わずかな年金しか貰えず生活に困り、当事務所の弁護士にご相談にいらっしゃいました。 そこで、調停を申し立て、1:1の割合で分割することができました。
続きを読む >>

30代女性|結婚後に夫が難病にかかった事例

30代の女性がご依頼者様の事例です。 この事例のご依頼者様は、地方の名家に嫁ぎ、2人の子どもをもうけました。 子どもたちがそれぞれ小学生・幼稚園のころから、夫がある難病にかかり、性格に変化が起きました。乱暴になり言葉も徐々に話せなくなる夫に不安を覚え、子どもを連れて実家に戻り、離婚を求めました。 離婚の調停はもつれ、裁判になり、高等裁判所まで進みました。 裁判所は離婚はやむなしとの判断
続きを読む >>

交際相手の男性に認知をさせた上で、養育費を支払う合意を得た事例

この事例のご依頼者様は、交際相手との子どもを妊娠しました。しかし交際相手の男性は、結婚はしないし、養育費も支払わないという不誠実な姿勢でした。 弁護士において認知を求め協議していましたが、相手方は応じませんでした。 そこで、認知調停を申し立て、認知をさせた上で、養育費の支払を求める調停を申し立て、出産した時点からの養育費の支払いを調停で約束させました。
続きを読む >>

20代女性|養育費の支払いを拒否するDV夫に、支払いを約束させた事例

20代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、夫からのDVが原因で子どもを連れて家を出ました。 その後、離婚協議を行っていましたが、夫は「別れても良いが養育費は支払わない」の一点張りでした。 調停を重ね、夫に婚姻費用と養育費支払いの義務があることを説得することで、婚姻費用を支払わせ、最終的には、養育費の支払いを約束した上で調停離婚しました。
続きを読む >>

30代女性|夫に連れ去られた幼い子どもを取り戻した事例

30代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、夫との性格の不一致や経済的問題から、同居のまま夫と離婚協議を行っていました。 話し合いが継続していたある日、夫とその親族が幼い子を連れ去ってしまい、自宅から閉め出されてしまいました。 慌てて当事務所にご相談にいらっしゃいました。 そこで当事務所の弁護士が、大至急、裁判所に対して子の引渡しと監護者の指定を求めました。 その結果、子どもは無
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

弁護士法人 新潟第一法律事務所について

PAGE TOP