離婚を決意された方へ

離婚を決意したら

IMG_9828(橘里香)

「離婚の合意は得られたが、その後の手続きの仕方が分からない…」

「離婚後の生活に関して、相手方との条件が折り合わず手続きが進まない…」

離婚を決意し、勇気を出して相手に打ち明けたとしても、相手の合意が得られなければ、残念ながら協議での離婚は成立しません。

協議での離婚が成立しない場合には、家庭裁判所において離婚調停を実施することになります。しかし、申立書の作成や必要書類の準備、調停期日における対応など、一般の方には対処が難しい問題も存在します。

また、仮に相手が離婚に合意したとしても、子どもの親権や養育費、財産分与や慰謝料など、離婚の条件として協議をしなければならないポイントがいくつか存在します。

ただでさえ、精神的にご負担のかかるなか、相手と話し合いをしたり、慣れない裁判所での手続をすることは相当なご負担と考えられます。

また、協議内容は交渉の仕方次第で結果が大きく左右されてしまうので、最近の動向や裁判例等を参考にしながら慎重に進めていく必要があります。

弁護士にお任せください

相手との協議や、裁判所とのやりとりは弁護士に任せていただくことで、依頼者の方には離婚後のご自身の生活を整える準備に専念していただけるようサポートいたします。

当事務所では、離婚事件に精通した弁護士が複数名所属しており、豊富な経験から解決のノウハウも蓄積されています。依頼者の方のご要望もお聞きした上で、経験やノウハウと照らし合わせつつ、依頼者の方にとってよりよい解決ができるように最大限の努力をいたします。

離婚を決意されたらひとりで悩まずに、まずは一度、当事務所にご相談ください。

弁護士法人 新潟第一法律事務所について

PAGE TOP