結婚後に夫が難病にかかった事例

30代の女性がご依頼者様の事例です。

この事例のご依頼者様は、地方の名家に嫁ぎ、2人の子どもをもうけました。

子どもたちがそれぞれ小学生・幼稚園のころから、夫がある難病にかかり、性格に変化が起きました。
乱暴になり言葉も徐々に話せなくなる夫に不安を覚え、子どもを連れて実家に戻り、離婚を求めました。

離婚の調停はもつれ、裁判になり、高等裁判所まで進みました。

裁判所は離婚はやむなしとの判断ではありましたが、子どもとの面会は認めるよう強く説得されました。

ご依頼者様は変わり果てた夫を子どもたちに見せたくないというご意向でしたが、「親は親であり、子供にも親の病気を理解する機会を与えた方がよいのではないか」と弁護士からもお願いし、最後は細かい面会方法の取り決めを盛り込んだ和解が成立しました。

解決事例の最新記事

新着情報の最新記事

女性の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

解決事例の最新記事

性別の最新記事

離婚の原因の最新記事

離婚の争点の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP