慰謝料として妻から300万円を請求されていたが、これを支払わないことで合意した事例

30代の男性がご依頼者様の事例です。

ご依頼者様は妻から離婚を求められていました。

妻は、離婚の原因は、夫婦仲が悪化した原因が妻にあると妻を責め立てるような内容のメールや、夫婦に幸せな未来はないというような内容のメールを送ったことにあると主張し、慰謝料300万円を請求しました。

このような高額な慰謝料を支払うことはできないと反論しましたが、交渉では折り合いがつきませんでした。

その後、妻側が離婚調停を申し立てましたが、最終的には、慰謝料を支払わない内容で調停離婚が成立しました。

解決事例の最新記事

男性の最新記事

離婚を求められたの最新記事

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事

性別の最新記事

離婚の争点の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚請求の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP