妻の財産について適切な財産分与を受けた事例

40代の男性がご依頼者様の事例です。

この方の妻は、離婚するに際し、預金、有価証券などの財産を隠そうとしていることが判明しました。

そこで、当事務所の弁護士が妻の財産につき裁判所に対して仮差押命令の申立てをしました。

その後、離婚調停でも話し合いが折り合わなかったため、裁判となりましたが、最終的には、相応の財産分与を受ける内容の和解離婚が成立しました。

解決事例の最新記事

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事

性別の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP