交渉によって差押えの取下げと養育費の減額に成功した事例

ご依頼者様の男性は、元妻と離婚したときに公正証書で養育費の支払いを約束していました。
しかし、数年分を滞納させてしまっており、元妻から給与の差押えを受けました。

当事務所の弁護士が元妻と協議した結果、ご依頼者様の親族にも協力してもらい、一定額を一括弁済することを条件に養育費を減額することに合意し、差押えを取り下げてもらいました。

解決事例の最新記事

男性の最新記事

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事

性別の最新記事

養育費の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP