慰謝料や財産分与の請求を行わない旨の協議書を作成し離婚に至った事例

 

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた

性格の不一致・価値観の違い

男性

あり

会社員

パート・アルバイト 親権 協議

 

事案の概要

離婚に向けて協議していたところ、依頼者の妻より、親権を譲り離婚に応じる、金銭も不要との申し出がありました。

弁護士において協議書を作成し、妻が心変わりしないうちに、慰謝料や財産分与の請求を行わない旨の協議書を作成し、同取り交わしと離婚届け提出を行った事案です。

解決

協議書の取り交わしを行うことで、将来の金銭請求がないことも確認の上、離婚手続を進めることが出来ました。

弁護士の視点

心変わりしないうちに、直ぐに協議書を作成し、書面取り交わしが行えたことで、迅速に離婚することができました。

弁護士のもとで協議書を作成したことで、いつか慰謝料や財産分与を請求されるかもしれない、という将来への不安を解消することができたと思います。

解決事例の最新記事

会社員の最新記事

性格の不一致の最新記事

親権の最新記事

男性の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

解決事例の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP