夫に連れ去られた幼い子どもを取り戻した事例

30代の女性がご依頼者様の事例です。

この方は、夫との性格の不一致や経済的問題から、同居のまま夫と離婚協議を行っていました。

話し合いが継続していたある日、夫とその親族が幼い子を連れ去ってしまい、自宅から閉め出されてしまいました。

慌てて当事務所にご相談にいらっしゃいました。

そこで当事務所の弁護士が、大至急、裁判所に対して子の引渡しと監護者の指定を求めました。

その結果、子どもは無事ご依頼者様の元に戻され、話し合いによりご依頼者様が親権を取得することで合意し、離婚が成立しました。

解決事例の最新記事

性格の不一致の最新記事

親権の最新記事

新着情報の最新記事

女性の最新記事

解決事例の最新記事

性別の最新記事

離婚の原因の最新記事

離婚の争点の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP