不倫・浮気

不貞行為とは

離婚を検討している方の中には、「配偶者の不倫・浮気が発覚したので離婚したい」という方も多いのではないでしょうか。

あるいは、「自分の不倫・浮気が原因で配偶者から離婚を求められている」という方もいらっしゃるかもしれません。

民法は不貞行為を離婚原因の一つとして定めています。夫婦は婚姻によってお互いに貞操義務を負い、不貞行為はこの貞操義務を破る行為です。

したがって、貞操権を侵害された配偶者は、有責配偶者が離婚に同意しない場合でも裁判手続によって離婚することが可能です。

では、不貞行為とはどのような行為をいうのでしょうか。

浮気や不倫の定義は人それぞれかもしれませんが、不貞行為は最高裁判所の判例によって明確に定義されています。

裁判所によると、不貞行為とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいいます。

不貞行為があったといえるか微妙なケース

もっとも、裁判所の基準に従っても不貞行為があったか判断することが難しい場合があります。

たとえば、「一緒にラブホテルに行ったが性交渉を行っていない」というような場合は、不貞行為があったと裁判所が認められるかどうかは微妙であるといえます。

また、配偶者と別居中に他の異性と性交渉に及んだ場合どうでしょうか。

この場合、婚姻関係が破綻していると認められるような場合には不貞行為に該当しないと判断されることがあります。しかし、単に別居しているというだけでは「婚姻関係が破綻している」とは認められるのは難しいでしょう。

まずはご相談ください

このように、不倫や浮気が離婚原因の「不貞行為」に当たるかは、微妙な判断を求められることが少なくありません。どのような証拠を集め、相手方にどのような主張をしていくべきかは、それぞれの状況に応じて判断する必要があります。

配偶者の不倫や浮気を理由に離婚を考えている方や、逆に離婚を求められている方は、一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

不貞行為の証拠を削除されてしまった場合は?

スマートフォンに残されていたメール・LINEのやり取りや写真といった不貞行為の証拠を削除されてしまうことはよく起こります。

そのような場合には、「デジタル・フォレンジック」と呼ばれる技術で証拠を復元できる可能性があります。 

これは、犯罪や法的紛争が生じた際に、電子機器を解析することで、原因究明や捜査に必要な電磁的記録を収集・分析し、証拠化する技術です。これにより、スマートフォンから不貞行為の痕跡を発見し、証拠として訴訟などにおいて活用することが可能です。

浮気・不倫の証拠を隠滅されてしまったからといって諦めず、まずは一度ご相談ください。

デジタル・フォレンジックについての詳細は、 こちら のコラムをご覧ください。


弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP