離婚成立後、元配偶者とのやり取りが負担で連絡が取れなくなったので、一括払いで養育費を精算した事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 性格の不一致・価値観の違い 女性 あり 会社員 会社員 養育費 協議
離婚請求 原因 性別 子ども
求めた 性格の不一致・価値観の違い 女性 あり
職業 相手職業 条件 手続
会社員 会社員 養育費 協議

事件の概要

離婚成立後、子の親権者となった元配偶者からの連絡があり、子どもに関する費用を求められました。

依頼者は、元配偶者からの連絡を負担に非常に感じており、そのようなやり取りをしたくないので、どうすればいいのかという相談でした。

解決

今後、子に関係する一切の費用請求しないことを条件に、養育費の一括払いを提案しました。

両者の間で一定金額を一括で支払うことで合意が取れたので、示談書を作成して、今後、緊急の場合以外は、互いに連絡を取らないことを約束しました。

弁護士の視点

離婚後、元配偶者と連絡を取りたくない方は多いと思います。

今回の場合は、子に関する将来の費用の概算を計算し、一括払いで支払うことで両者が合意した事件でした。

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP