解決事例

離婚ではなく別居を継続する形式にし、毎月の生活費を多くもらうということで解決に至った事例

  離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続 求めた 性格の不一致・ 価値観の違い 女性 あり (未成年なし) パート・ アルバイト 無職 婚姻費用 調停   事案の概要 離婚したい妻が離婚調停を申し立てたが、夫は、絶対に離婚したくないと主張して、調停が平行線のま
続きを読む >>

住宅ローンの借り換えをして、自宅を財産分与してもらった事例

  離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続 求めた 性格の不一致・ 価値観の違い 女性 あり 専門職 会社員 不動産 協議   事案の概要 自宅の住宅ローンの借り換えをして、住宅ローンを全額返済し、財産分与として分与してもらった事件です。 解決 子供がいるので、現在生活している
続きを読む >>

財産分与・養育費に加えて、慰謝料500万円を支払うことで合意に至った事例

  離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続 求めた 浮気・不倫・ 不貞行為 女性 あり パート・ アルバイト 会社員 慰謝料 協議   事案の概要 夫が不貞行為をし、妻が不貞相手に対し、慰謝料請求をしたところ、夫から離婚を求められた事件です。 夫と不貞相手の代理人弁護士
続きを読む >>

夫に連れ去られた幼い子どもを取り戻した事例

30代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、夫との性格の不一致や経済的問題から、同居のまま夫と離婚協議を行っていました。 話し合いが継続していたある日、夫とその親族が幼い子を連れ去ってしまい、自宅から閉め出されてしまいました。 慌てて当事務所にご相談にいらっしゃいました。 そこで当事務所の弁護士が、大至急、裁判所に対して子の引渡しと監護者の指定を求めました。 その結果、子どもは無
続きを読む >>

子の引き渡しに応じない夫に対して間接強制の手続をとった事例

20代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、2人目の子どもを出産して1年後に、夫と携帯電話のメールを巡って口論となり、婚家に1才になったばかりの子どもを置いて、上の子(3才)を連れて実家に帰らざるを得なくなりました。 すぐに子どもの引き渡しの保全処分を申し立て、家庭裁判所の調査を経て、母親を監護者として子を引き渡す決定が出ました。 それでも任意に引き渡す状況にならず、直ちに、家庭裁判
続きを読む >>

交渉によって差押えの取下げと養育費の減額に成功した事例

ご依頼者様の男性は、元妻と離婚したときに公正証書で養育費の支払いを約束していました。 しかし、数年分を滞納させてしまっており、元妻から給与の差押えを受けました。 当事務所の弁護士が元妻と協議した結果、ご依頼者様の親族にも協力してもらい、一定額を一括弁済することを条件に養育費を減額することに合意し、差押えを取り下げてもらいました。
続きを読む >>

夫から妻へ財産分与を行わないことが認められた事例

30代の男性がご依頼者様の事例です。 この方は、妻と結婚して以来、給与を全額妻に管理させ、自分は月々の小遣いとして3万円程度を得ていました。 その後、子供の病気などをきっかけに妻が子供と実家に戻ったきり、2年間ほど別居状態が続いていました。 ご依頼者様は離婚を決意し、当事務所の弁護士が代理人となって離婚調停の申立てを行ったところ、財産分与と養育費が問題となりました。 財産分与について
続きを読む >>

長年行方不明の夫との離婚を成立させた事例

30代の女性がご依頼者様の事例です。 この方の夫は、家族に嘘をついていました。そのことが発覚するや、夫は家に帰って来なくなり、行方不明になってしまいました。 連絡がつかなくなって5年、ご依頼者様は、離婚をして人生を再出発したいと当事務所を訪れました。 調査の結果、夫は夜逃げを繰り返しているようで、住民票上の住所にも居住していないことが判明しました。 そこで、公示送達の手続により裁判離婚
続きを読む >>

離婚裁判を提起されたものの請求を退けた事例

50代の女性がご依頼者様の事例です。 この方は、別居している夫から離婚裁判を提起されました。 当事務所の弁護士が代理人となり、夫婦関係の破綻は夫の女性関係などによるものであると主張した結果、裁判所は、夫が有責配偶者であるとして、夫からの離婚請求を退けました。
続きを読む >>

交際相手の男性に認知をさせた上で、養育費を支払う合意を得た事例

この事例のご依頼者様は、交際相手との子どもを妊娠しました。 しかし交際相手の男性は、結婚はしないし、養育費も支払わないという不誠実な姿勢でした。 弁護士において認知を求め協議していましたが、相手方は応じませんでした。 そこで、認知調停を申し立て、認知をさせた上で、養育費の支払を求める調停を申し立て、出産した時点からの養育費の支払いを調停で約束させました。
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP