配偶者が不倫しているかも

最近配偶者の様子がおかしい、メールやLINEを頻繁に確認している等、不倫の疑いがある場合についてお話します(不倫について法律的には「不貞」という語を用いますので以下「不貞」と呼びます。)。

①話をする前に

上記のような不審な行動がみられると「あなた浮気してるんじゃない?」と直接不満をぶつけたくなるのは自然な感情です。

ただ、証拠不十分な中で話をしてしまうと、しらを切られて終わりになってしまうことも十分予想されます。

まずは、証拠が十分かどうかを良く検討しましょう。

②証拠の重要性

不貞の証拠は、二つの意味で重要です。

1つは、離婚請求の根拠ないし慰謝料請求の根拠を立証するという意味で重要です。

証拠がないと離婚請求自体が難しくなったり、慰謝料請求ができないという事態も考えられます。

《コラム》スマホから浮気の証拠を削除されてしまったら?

もう一つは、配偶者が有責配偶者であることを立証するという意味で重要です。

裁判所は有責配偶者からの離婚請求を制限的にしか認めません。

配偶者が有責であることを示す証拠は、配偶者から離婚を強制されないためにも非常に重要なものとなります。

③どんな証拠が必要?

もしあなたが、不貞の慰謝料請求をしたい、または有責配偶者から離婚を強制されないようにしたいとお考えなのであれば、今後のためにきちんとした証拠を集めておくことがとても大切です。

まず、不貞行為とは、原則として「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」を言うとされています。

基本的には、性行為・肉体関係がある場合に不貞行為となるといえます。

配偶者が異性と二人きりで食事に出かけた、というだけでは、不貞行為には該当しません。

そのため、不貞の疑いがある際には、性行為・肉体関係があることを証明できるような証拠を集めておくことが大切です。

が、直接話をする前に、今ある証拠で言い逃れされる可能性がないかどうか、今一度よく検討してみましょう。

必要な証拠の程度は、不貞相手に慰謝料請求をするための証拠なのか、有責配偶者であることを立証するための証拠かなど、何のための証拠かという点からも異なります。

証拠不十分な中で配偶者に不貞を疑っていることをぶつけてしまうと、証拠が破棄されたり、警戒されて証拠が入手しずらくなるなどのデメリットも考えられます。

配偶者が気づく前であれば、追加で証拠が入手できる可能性もあります。

必要な証拠の範囲や、収取方法についても早い段階で弁護士にご相談いただければと思います。

④慰謝料額

不貞の慰謝料額は、不貞が原因で離婚に至ったかどうかや、婚姻の期間、不貞の態様等の様々な事情によって算定されます。具体的な額は事案によって異なります。

不十分な証拠で動くと慰謝料額が低額になる場合もあります。

⑤まとめ

不貞慰謝料を請求しようとする場合、今後の夫婦のこと、不貞行為の立証のこと、慰謝料請求をするかどうかなど、考えなければいけないことは多岐にわたります。

配偶者の不貞が明らかになり慰謝料を請求したいけれど、具体的に何をすればよいかわからず困っている、という方は、一度当事務所までご相談にいらしてください。

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP