実は婚姻前からうつ状態にあった妻と離婚した事例

40代の男性がご依頼者様の事例です。

この方は、妻がうつ病を患っていることを、結婚した後に打ち明けられました。
その後、妻の病状が感情のコントロールができなくなるほどになったため、別居をすることとなりました。

もうやり直すことはできないという点では意見が一致していましたが、妻の気持ちの整理がなかなかつかないばかりか、妻から慰謝料や将来の生活費として多額の支払いを要求されるに至りました。

そこで、当事務所の弁護士にご依頼いただきました。

協議離婚は困難と判断し、離婚調停を申し立てましたが、調停でも折り合いがつかず裁判となりました。妻が一度も裁判に出廷しなかったため、2回の審理を経て裁判離婚が成立しました。

解決事例の最新記事

男性の最新記事

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事

性別の最新記事

慰謝料の最新記事

婚姻費用の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP