有責配偶者側からの離婚交渉・公正証書作成をした事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 浮気・不倫・不貞行為 男性 なし 会社員 会社員 協議
離婚請求 原因 性別 子ども
求めた 浮気・不倫・不貞行為 男性 なし
職業 相手職業 条件 手続
会社員 会社員 協議

事案の概要

有責配偶者(依頼者)から、離婚の申し入れをしました。

解決

慰謝料や財産分与で、相当額の支払いを行うことを約束の上で、妻から不貞相手に対して別途慰謝料請求は行わないことも盛り込んだ離婚合意を行いました。

弁護士の視点

有責であることを前提に謝罪と相当額の慰謝料や財産分与等の分割支払いを提案し、離婚協議を行い、公正証書作成の上で離婚に至ることができました。

合意書においては、妻から不貞相手へ別途の慰謝料請求は行わないことを約束してもらったことで問題の一挙解決が行えました。

弁護士法人 一新総合法律事務所について

PAGE TOP