夫のDVが原因で別居を開始し、100万円の慰謝料の支払いを受けて調停が成立した事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 暴力・DV 女性 なし 会社員 会社員 慰謝料 調停
離婚請求 原因 性別 子ども
求めた 暴力・DV 女性 なし
職業 相手職業 条件 手続
会社員 会社員 慰謝料 調停

事案の概要

相談者である妻は、夫からのDVを受けて別居を開始しました。

相談者は離婚を希望していましたが、夫から離婚を拒否されたため、相談にいらっしゃいました。

解決

DVの慰謝料請求と離婚を求めて、夫に対し調停の申立てをしました。

DVについては、医師の診断書等を証拠として提出しました。

夫は、当初離婚を拒否していましたが、調停で話し合いを重ね、最終的には慰謝料の請求に応じ、離婚が成立ました。

弁護士の視点

DVをしている夫は、感情的になっていることも多く、慰謝料の請求を拒否する場合が多くあります。

今回の案件では、夫がDVを認めたことと、経済的に余裕があったことから、100万円の慰謝料の支払を受けることができました。

女性の最新記事

DV・暴力の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

会社員の最新記事

会社員の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP