1年以上別居の後、弁護士の関与により調停離婚が成立した事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 性格の不一致・価値観の違い 男性 あり 会社員 専業主婦 養育費 調停
離婚請求 原因 性別 子ども
求めた 性格の不一致・価値観の違い 男性 あり
職業 相手職業 条件 手続
会社員 専業主婦 養育費 調停

事案の概要

妻の里帰り出産を契機に別居が開始されました。

1年以上、別居状態が継続し、当人同士では話が進まないため相談にいらっしゃいました。

解決

当初、協議から始めましたが、調停に移行しました。
調停にて話し合いを進め、調停離婚となるに至りました。

弁護士の視点

感情的な折り合いを含めて、当人だけでは話し合いは難しかったと思われます。
ただし、法的な側面で整理をすると争点となるところはそれほど複雑なものではありませんでした。
法的に離婚についての条件を整理することで落しどころが見つかった案件だといえます。

男性の最新記事

性格の不一致の最新記事

養育費の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

会社員の最新記事

専業主婦の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP