DVやモラハラを訴えられたものの、慰謝料・養育費を支払わずに離婚に至った事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求められた 暴言・モラハラ・精神的虐待 男性 あり 会社員 パート・アルバイト その他 調停
離婚請求 原因 性別 子ども
求められた 暴言・モラハラ・精神的虐待 男性 あり
職業 相手職業 条件 手続
会社員 パート・アルバイト その他 調停

事案の概要

妻が、依頼者である夫のDVやモラハラを訴えて、離婚及び慰謝料を求めてきました。

妻には不貞行為を疑わせる事情があり、夫には多額の借金があったという事案です。

解決

DVやモラハラの客観的な証拠がなかったため、慰謝料の請求を拒否しました。

また、妻側には不貞行為を疑わせる事情があったため、早期解決として、双方が慰謝料を請求しないことで合意しました。

夫が抱えていた多額の借金については、その借金を夫が返済していくことを条件に、養育費を支払わないことで合意し、離婚に至りました。

弁護士の視点

離婚する際、夫婦間のトラブルが発生したからと言って、直ちに慰謝料が発生するわけではありません。

特に証拠がなければ、相手方はその事実を否定することが多いので、慰謝料が発生しないことも多くあります。

また、未成年の子供がいる限り、通常養育費が発生するのですが、今回の事件では、妻名義の借金を夫が離婚後も支払っていくことを条件に、養育費を支払わないで方向で合意に至りました。

男性の最新記事

モラルハラスメントの最新記事

慰謝料の最新記事

養育費の最新記事

離婚を求められたの最新記事

会社員の最新記事

パート・アルバイトの最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP