離婚裁判を提起されたものの請求を退けた事例

50代の女性がご依頼者様の事例です。

この方は、別居している夫から離婚裁判を提起されました。

当事務所の弁護士が代理人となり、夫婦関係の破綻は夫の女性関係などによるものであると主張した結果、裁判所は、夫が有責配偶者であるとして、夫からの離婚請求を退けました。

性別の最新記事

女性の最新記事

離婚の原因の最新記事

浮気・不倫の最新記事

離婚を求められたの最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP