慰謝料の分割払いの合意を調停調書で確認したことによって、早期に支払いを受けられた事例

事案の概要

相談者の方は、夫が自分以外の、それも複数の女性と交際していたことを知り、離婚を決意し、慰謝料を請求したいと考えていたところ、どのように協議を進めたらよいかを迷い、相談に来られました。

解決

弁護士が代理人として、相手方に対し、離婚と慰謝料300万円を請求する通知を送ったところ、相手方は「離婚と慰謝料の請求には応じるが、慰謝料を一括で支払う資力がない」と回答しました。

そこで、慰謝料300万円を分割で支払うことを合意し、調停でその合意内容を調停調書にしました。

相手方は調停調書に従い、2回分割金を支払った後、「早めに支払いを終えたい」と言って残額を一括で支払いました。

弁護士の視点

相手方が原因で離婚をする場合でも、相手方に資力がない場合はやむを得ず慰謝料を分割払いとするケースがあります。

分割払いだと、約束通り支払われるのか、不安に思いがちですが、調停調書等の債務名義にしておくと、滞った場合には強制執行も可能になるため、相手方が支払う可能性が高まります。

本件でも、調停調書にしたことによって、相手方に「早く支払いを完了させたい」という気持ちが生まれ、早期に支払いを完了してもらうことにつながったと思います。

性別の最新記事

女性の最新記事

離婚の原因の最新記事

浮気・不倫の最新記事

離婚の争点の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚請求の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

職業別(依頼者)の最新記事

専業主婦の最新記事

職業別(相手方)の最新記事

会社員の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP