再度の調停により離婚が成立した熟年夫婦の事案

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 暴言・モラハラ・精神的虐待 女性 あり(未成年なし) 専業主婦 無職 預貯金 調停
離婚請求 原因 性別 子ども
求めた 暴言・モラハラ・精神的虐待 女性 あり(未成年なし)
職業 相手職業 条件 手続
専業主婦 無職 預貯金 調停

事案の概要

熟年夫婦において、妻が家をでる形で別居が開始し、一度離婚調停をしたものの夫が離婚に応じず不調に終わってから3~4年が経過していたため、妻から再度離婚調停を申し立てました。

解決

妻が離婚調停を申し立てたところ、夫は離婚に応じる意向となりました。

財産分与等の離婚条件の協議がまとまり、妻としても満足できる金銭の支払いを受けることができました。

弁護士の視点

別居してから3~4年経過して夫の心身の状況も変化し、夫をサポートする第三者の関与が生じたことにより、離婚を前提とした条件の協議となりました。

財産分与については2分の1ルールに基づき、満足できる金銭の支払いを受けることができました。

女性の最新記事

モラルハラスメントの最新記事

貯蓄金の最新記事

離婚を求められたの最新記事

専業主婦の最新記事

その他の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP