住宅ローンの借り換えをして、自宅を財産分与してもらった事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 性格の不一致・価値観の違い 女性 あり 専門職 会社員 不動産 協議
離婚請求 原因 性別 子ども
求めた 性格の不一致・価値観の違い 女性 あり
職業 相手職業 条件 手続
専門職 会社員 不動産 協議

事案の概要

自宅の住宅ローンの借り換えをして、住宅ローンを全額返済し、財産分与として分与してもらった事件です。

解決

子供がいるので、現在生活している自宅を手放すことができませんでした。

そのため、銀行に住宅ローンの借り換えの相談をし、依頼者が新たな借り入れで一括で返済し、財産分与として不動産を取得し、名義変更をしました。

弁護士の視点

自宅については、直ぐに売却先を見つけられるか分からず、仮に売却できてもオーバーローンになることがあります。

自宅を売却せずに住み続ける場合、住宅ローン完済前に、財産分与として名義変更をすることが困難であることが多いので、住宅ローンの借り換えや親族に援助してもらって、住宅ローンを完済して、名義変更をすることを検討しました。

女性の最新記事

性格の不一致の最新記事

財産分与の最新記事

住宅・不動産の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

専門職の最新記事

会社員の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP