離婚手続の進め方について相手方に提案してから、1か月という短い期間で離婚が成立した事例

離婚請求 原因 性別 子ども 職業 相手職業 条件 手続
求めた 浪費・金銭問題 男性 あり 公務員 専門職 養育費・面会交流・年金分割 協議

事案の概要

妻の金銭管理をめぐり、夫は離婚を希望して当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事者間で離婚の合意や養育費等、大まかな条件は合意できていましたが、離婚協議書の取り交わし等、手続の進め方が分からず進展していなかったことから、弁護士が代理人に就任し、離婚協議を進めることになりました。

解決

弁護士において協議書案を作成し、離婚手続の進め方について相手方に提案を送り、1か月という短い期間で合意、締結し、離婚に至りました。

弁護士の視点

当事者間で概ねの話はできていても具体的な進め方、約束を守ってもらえるかどうかという不安から、話が停滞することがあると思います。

弁護士が関与し、その不安を取り除くことで、早期解決を実現することが出来ました。

男性の最新記事

浪費・金銭の最新記事

財産分与の最新記事

面会交流の最新記事

養育費の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

公務員の最新記事

専門職の最新記事

弁護士法人 一新総合法律事務所について

ご相談を
お急ぎの方へ

PAGE TOP